CLOSE

NEWS

6年生 ユニセフのワークショップを開催

2022.11.09

NEWS

 11月9日、大阪ユニセフ協会のボランティアの方々をお招きし、「世界がもし100人の村だったら」とのワークショップを行いました。このワークショップは、文化の多様性を理解し、貧困や格差の現状を知る中で、世界と私たちの関わりについて学ぶ学習です。初めに一人一人に役割カードが配られ、スタート。学習は「世界の人口分布」「水と衛生」「栄養」「富の分配」というテーマで順に進められました。その中で、世界の人口に対する諸問題の格差を95人(6年生)に置き換えた割合に応じた人数でグループを作りながら、水、食、富などの格差を実感することができました。将来、大きな使命に生きる創価の子どもたちにとって、かけがえのない学びの一日となりました。 

この記事はいかがでしたか?

関西創価小学校について
もっと知りたい方はこちら